ランタイムロード


ゲーム実行中にモデルを読み込む

サンプルマップ、VRM4U/Maps/VRM4U_runtimeload を参照ください。

以下のように、ファイルのドラッグ&ドロップを有効化してエディタを再起動します。

Play中に「ゲームウインドウ」にVRMファイルを送ると、その場でSkeletalMeshを生成します。

   
 

内部的には常にVRoidSimpleのSkeletonが動作しており、そのアニメーションがランタイムでリターゲットされています。

サンプルでは、生成したキャラクタに操作キャラクタのアニメーションが流し込まれます。

なおBP_VrmCharacterBaseもランタイムリターゲットで動作しています。フォトモードにてアニメーションをVRoidSimpleにリターゲットするのは このためです。