VRM4U


VRM4Uとは

UnrealEngine4で動作する、VRMファイルのインポーターです。

導入はこのリンクから

English (GoogleTranslate)


特徴

   

他の作例はこちらからどうぞ

  • VRMファイルをインポートできます
  • アニメーション
    • 手軽にリターゲット可能です。A-pose/T-pose、BoneMapが生成されます。
    • 顔アニメ(Morphtarget・BlendShapeGroup)を利用可能です。
    • 揺れ骨にVRMSpringBone、PhysicsAssetを選択できます。
    • 汎用のControlRigがあります。
  • マテリアル
    • MToonを再現したマテリアル。影色の指定や、アウトラインの色・太さ調整、MatCapなどが全て適用されます。
    • PBR背景に合わせて描画モードを切り替え・調整できます。
    • 既存のポストフィルタやレイトレースも同時に利用できます。
  • モバイル
    • BoneMapリダクション機能により手軽に表示可能です。
    • 描画クオリティを切り替えできます。ロースペック対応です。
  • VR/AR
    • 描画はForward/Deferred両方に対応しています。
    • シンプルな機能で構成しているため破綻しません。
  • ランタイムロード
    • パッケージング後のEXEファイルから、ユーザの任意のVRMファイルを読み込むことができます。
    • アニメーションはランタイムでリターゲットできます。
  • UE4との相性の良さ
    • インポート後は標準的なSkeletalMeshアセットになります。
    • 対応するUE4のバージョンは4.20~4.26です(2020/12現在)最新版への対応も容易です。

雰囲気を知りたい

簡易的ですがYoutubeの動画や、ハッシュタグ#VRM4Uを参考にどうぞ