モバイル、VRで動かす

 
モデル:千駄ヶ谷 渋

PCVRでの動作

特別な設定は不要です。そのままVRPreviewで動作します。

deferredforward両方の描画方式にも対応しています。 レイトレースも並用可能です。

モバイル用インポートオプション

モバイル向けには、モデルインポート時に Reduce bonemap <=75のオプションを有効にします。

1パーツ内の骨数が多くUE4で表示できないモデルを自動でリダクションします。制限内のモデルには影響ありません。

 

エディタで確認する

モバイルプレビューで見た目を確認可能です。PCと比べて多少色味が異なります。描画負荷軽減の影響です。

 

モバイル、OculusQuestで利用する

VRM4Uのソースが必要です。EXEを作成するの解説より、VRM4Uのソースコードを配置してください。

配置後はそのまま転送できます。

描画負荷が高い場合は、MaterialQualityLevelで負荷を下げることができます。 切り替えには コンソールコマンド r.MaterialQualityLevel 0 を利用ください。1で戻ります。

軽量版(Low)では描画負荷は半分以下になります。 かわりにシェーディングが簡略化され、リムライトやエミッシブの省略、色味の再現度などが下がります。

標準(High) 軽量版(Low)
シェーダの負荷(参考)

同時にモバイル向けの一般的な最適化(MobileHDRの無効化やシェーダ機能のOFFなど)を検討ください。