見た目を調整する

 
モデル:ヴィータ

輪郭線とシャドウを有効化する

以下のメニューのチェックボックスをONにして、VRM4Uフォルダを表示します。

 

VRM4U Content/Util/Actor から、MToonAttachActor を配置します。ドラッグ&ドロップです。

 

下図の番号順にクリックしてください。 スポイトアイコンをクリックし、その後キャラクタをクリックします。

 

輪郭線とセルフシャドウが有効化されました。

 

色味を調整する

VRM4U Content/Util/Actor から、MToonMaterialSystem を配置します。

 

details よりパラメータを適当に変更してみましょう。 特殊描画(輪郭線の太さ、MatCap強度、色のガンマ補正)から、ライト(オフセット、Exposure基準)を変更できます。

一部のパラメータは、Litモード(後述します)のみ反応します。

   
………………………………………….

大まかにキャラクタ全体の見た目を調整することができます。 シーンに応じて、明暗や色味、リアル寄り/アニメ寄り を調整することができます。

同じ調整はマテリアル個別でも可能です。撮影編で解説します。

 

ライティングする

初期状態のマテリアルはライトが反映されません。Unlitモードになっています。 これをLitモードに切り替えます。

AssetUtilを配置します。

 

下図の順にクリックします。MaterialTypeをMToonLitにして、スポイトをクリック、キャラを選択します。その後 ChangeParentMat ボタンを押します。

 

マテリアルが切り替わり、ライトが反映されるようになります。

 

上記手順は、インポート時にも設定可能です。Litマテリアルでインポートしてください。

 

見た目の調整 その先へ

上手くライティングできるようになると、モデルを様々なシーンに配置できるようになります。詳しくは撮影機能を参照ください。

なお撮影はLitモードを利用しています。

次の章へ